バーボンに合う美味しいおつまみ5選はどのような物があるのか?

ウイスキーには色々な種類が存在しています。

バーボンは、アメリカン・ウイスキーの一種であり、長年親しまれてきました。

バーボンをカジュアルに楽しみながら、美味しく食べる事が出来るおつまみにはどのような物があるのでしょうか。

バーボンをより美味しくしてくれるおすすめのおつまみを5つセレクトしました

スモーキーな味わいのバーボンに合うビーフジャーキー

バーボンは、スモーキーな味わいである為、癖が強いお酒として知られています。

この癖の強いお酒に合うおつまみを探すのは中々難しいですが、定番のお酒のおつまみの一つであるビーフジャーキーは、バーボンによく合います。

ビーフジャーキーは酒店やディスカウントストアなどで販売されていますので、自分の口に合った物を選ぶと良いでしょう。

いくつか販売されているビーフジャーキーの中から自分の好みの物を選ぶには、色々と試してみるのが効果的です。

ビーフジャーキーに使われている素材は牛肉になっている物を選ぶのが一番好みに合い易く、他の肉料理とは違って、直ぐに食べられます。

ローストビーフやブラックペッパーが効いたステーキ

バーボンは、肉料理との相性が良いです。

ビーフジャーキー以外の肉料理の中でもパンチがある料理と合わせる事で、食事を美味しく召し上がる事が出来ます。

肉料理の中で人気が高いのが、ブラックペッパーが効いたステーキやローストビーフです。

これらの肉料理は、肉の旨味を最大限に引き出していますので、万人受けがし易く、癖が強いバーボンと一緒に召し上がっても十分に堪能する事が出来ます。

黒胡椒は粗挽きの物を使った方が黒胡椒の香りが効いて食欲をそそってくれます。

ステーキを焼く時には、にんにくの香りを移したバターを使って、しっかりと焼いていきます。

肉の旨味を十分に引き出すには、この焼き加減がポイントになってきますので、焼き方には十分に注意する必要があります。

仕上げに、ステーキに合うソースを作ったり、市販ソースを使う事でステーキをより美味しく召し上がれます。

ローストビーフは、丼などが近年流行っていますが、バーボンと合わせるのであれば、そのまま食べる方が良いです。

ステーキとは違って、より手軽に食べる事が出来ますし、サラダにしてもヘルシーさが出て良いでしょう。

スモークサーモンの旨味とアスパラの野菜の旨味を堪能出来るアスパラのスモークサーモン巻き

スモークサーモンは、塩漬けした鮭を燻製にした物ですので、バーボンとの相性が良いです。

スモークサーモンだけで食べるよりも野菜と組み合わせて食べた方が美味しく召し上がれます。

アスパラを食べ易く、スモークサーモンを巻き易いように、根元を5ミリメートルカットして、さらに半分にカットします。

これを塩を少々入れた熱湯に強火で2分茹でて、その後、冷まします。

この時にあまり茹で過ぎますと、アスパラがフニャとした食感になってしまいますので注意が必要です。

茹でたアスパラにスモークサーモンを巻いていきますが、細い方から巻いていきますと巻き易いでしょう。

皿に盛り付けたら、ヨーグルトを大さじ1、麺つゆを小さじ1、すりおろしの西洋わさびを小さじ1を一つの容器上で混ぜ合わせます。

これで、スモークサーモンを巻いたアスパラ用のソースが出来上がりましたので、これをアスパラのスモークサーモン巻きにかけます。

ピリッと少しわさびが効きながら、バーボンと一緒に召し上がる事で美味しく食べる事が出来ます。

ナッツを入れたチョップドサラダ

バーボンを楽しむ上で、癖の強さに対抗する為に癖の強い料理を用意するというのは一つの楽しみ方です。

一方で、バーボンの楽しみ方として、癖の強いバーボンを主体にしつつ、さっぱりとした物で口の中を中和させて、さらにバーボンを飲むといった楽しみ方もあります。

最近では、健康志向の高まりによって、チョップドサラダが人気です。

個性豊かで野菜をたくさん食べる事が出来るチョップドサラダは、塩分を控えめにして健康的にお酒を楽しみたいという人々には丁度良いメニューと言えます。

ただ単に野菜を食べ易いようにカットするだけでなく、ナッツなどの食感が異なる物を入れる事で、より美味しさが引き立ちます。

きのこを使ったサラダ

チョップドサラダとは違って、材料にきのこ類を中心に作ったサラダです。

ホワイトマッシュルームやカッテージチーズやベビーリーフや胡桃などを使う事で、より癖の強いサラダを作る事が出来ます。

オリーブオイルと白ワインビネガー、塩コショウを混ぜ合わせれば、簡単にドレッシングを作る事ができ、これをきのこサラダにかければ、バーボンに合う料理の完成です。

サラダは、肉料理よりも健康的に召し上がる事が出来るメニューであり、塩分を控えめにしたいという人には、ビーフジャーキーなどよりもおすすめの一品となっています。

参考⇒「私が絶対おすすめするバーボンウイスキーランキング」

まとめ

バーボンだけでは、その癖のせいで飲み飽きてくる事もあります。

その為、色々なおつまみと組み合わせる事で、バーボンと料理のそれぞれの美味しさを引き出せるようになります。

味に変化を出してみたいのであれば、ちょっとした工夫で美味しい物を作る事が出来ます。